嫌いになったわけじゃない、でも前と違う 少し開いた 距離感 すぐにピンときたよ

a33com2019-07-20どーよーび

台風は完全に勢力外を通ってはいきましたけれど
過ぎ去った後のこの夜くらいから結構強い雨も降るらしいって予報もある中

個人的にはお昼にちょっと買い物に出たくらいの
何もない土曜日でしたけど

今日もハロコンやってたんだっけ?

なんかもうあまり興味がわかないというか
このまま福岡もチケの入手に動く気力がわかないカンジです

はい


そんなカンジなので

今日の日記は昨日の話し

鈴木愛理さんのツアーの福岡に行ってきました
ってお話しです

とゆーても
そんなにテンション高い話もできないんですけど


朝からは普通に出社して
昼で早退して高速バスで博多まで~って
ちょっと移動費ケチる方向での行って来いした福岡でしたけど

去年の冬の福岡に行けなかった(行かなかった)こともあっての
ようやくと約束を果たせたカンジのソロコン参加ではありましたが

ぶっちゃけもう
ここで鈴木愛理さんにお付き合いするのは最後かなってのが結論っぽいカンジです

昨日の福岡観ての感想としての結論がね

まぁ
客層からしてややおっさん肩身狭いって部分もありはしますけれど
そんなこととは関係なく
もっと単純に
鈴木愛理のやる音楽に対して魅力を感じることができなかったってのが最大の要因です

愛理ちゃんの歌は素晴らしいしステージングも演出的な面も良質で素敵なものだとは思ったんですけど
でも
そこにいる自分はなんかその空間をツマラナイと感じてしまいました

それはつまり
そこにあるものが自分の嗜好にそぐわないものであるってことなんだろうなと
そういうことです

そう
なにが「悪い」とかそういうことではなくね


もっともそれは
これまで愛理さんがソロとして世に出してきた楽曲たちに触れる中でうすうす感じてたことではあったんですけれど

ただそれでも
去年の武道館ではそんな予感を覆すくらいの「楽しい」時間をもらえたので
そこでの結論は先送りにしていたんですけれどね

うん


ってことで
おそらく自分にとっては昨日が最後の鈴木愛理さんのソロ公演だったかなってところですが

まぁ、ね

ゆーても愛理ちゃんの歌は高品位品ですから

そうね
こんな古参おっさんヲタの気分なんて関係ありませんので

これからも自分の信じる音楽をやり続けていって欲しいなと思っています
 


すーさん。のペンライトがこれ一回でお払い箱なのはもたいないけどねw
 

みんながどんなどんなビッグな 未来想像するより ヤマもタニもドラマチック 君はそんなヒーロー

a33com2019-07-177月17日

前日16日に

17日12:00に宮本佳林に関する超嬉しいお知らせ」があると
佳林ちゃん本人がブログで宣言されましたけど

17日12時といえば
令和元年の新らしい仮面ライダーの発表会見が行われ情報解禁されるということが結構前からアナウンスされていたので

「佳林ちゃん仮面ライダー出演か!?」とかいう憶測が一部に流れたりもしてしまいましたけど

まぁ、それなら事前ににおわす様なことさえしないだろうなってことで
その読みはネタの範囲内だなとは思っていましたが

結局の発表は
宮本佳林 ソロライブツアー2019秋 (仮タイトル)」開催
ってことで
www.up-fc.jp
はい
佳林ちゃんソロライブだそうです

いや
急にどうした糞事務所
ってカンジですが

佳林ちゃんをイロイロ活用するのは良いと思いますし
佳林ちゃんの可能性をイロイロと探っていくのも良いことだと思います

まぁ
自分にはちょっと敷居が高いカンジですけどね



いうことで
自分的には

佳林ちゃんの超嬉しいお知らせより気になってたのは

新しい仮面ライダーの発表でございます

はいっ

仮面ライダーゼロワン

ゼロワン=01=零ワン=れいわ=令和

令和ライダー1号ということでしょうけどね
相変わらずの素晴らしいネーミングセンスでございます、はい

まぁ
そのネーミングもデザイン的なものもカレーに限らずネタバレ情報は仕入れてはいましたけど

最初にデザイン画見たときになんだこりゃって思うのはいつものことですけど
動いてるとこ見るとまぁいいじゃんって思うのもいつものことで
最終的に毎週見てれば馴染んじゃうってのもいつものことではありますわね
うん

あとはそうね
脚本が「エグゼイド」の高橋悠也氏ということらしいのでお話し的にも期待していいのかなってところ
なんだかんだエグゼイドは面白かったし


あとは
変身ベルト=ドライバーをどうするか…
www.b-boys.jp

結局はソコに差し込むコレクションアイテム集めるかどうかって話しになってくるんですけどね
ジオウのライドウォッチは完全に息切れして今はもう集めてないしなぁ
まぁライドウォッチは単価が高めな上にレジェンドライダーもので数が多すぎるってところで嫌気がさしたってのがあるんで
その辺ちょうどいい感じだったら集めてもいいかな?
う~む

ま、なんだかんだゆーてもドライバーは買っちゃいそうな気はするけどねw



こちらは9月1日スタート

そうかジオウももう8月で終わりか

すっかり買わなくなったライドウォッチだけど
最終フォーム用くらいは買っとくかな

 

希望が溢れる未来 何度も描いた夢が 明日を変えてゆくよ 進み続けよう

f:id:a33com:20190717141221j:plain
え~っと

ここ最近は
週末くらいは更新しようねって感じでやってきてた日記ですけど
またぞろメンドクセー病が発症した感じで

結果
3連休も超えてのところで気まぐれ更新です


先週末からハロコンもはじまってますけど
このご時世ハロコン初日に重大発表ってのもありませんしね

各グループの新メンバーさんたちはどの程度露出してるのか知りませんけれど

傍目的には
メジャーデビュー目前のBEYOOOOONDSさんに食われちゃってるのかな?って感じもしないでもない…かな?


そんなBEYOOOOONDSさんのメジャーデビューシングルのMVがトリプルで一斉公開

…なんだこれw

「眼鏡の男の子」はすっかり見慣れてしまった感じではありますが
それでも十分に奇をてらってる楽曲だし作品だなとは改めて、ね

「ニッポンノD・N・A!」は3曲の中では一番普通寄りってところかな?
それでも十分普通じゃないですけど

「Go Waist」はなんかカバー曲らしいですけど
そんなんどうでもいいくらいに「なんだこれw」ですホント
草込みで


まぁとにかく
普通じゃない路線で突き進むつもりであることは嫌というほど伝わってくるトリプルではありますけれど
普通じゃないことのバリエーションとか長続きするのかい?って余計な心配してしまう部分がかなりあるんですけど…それはまぁ余計なお世話なんでしょう


いけるとこまでいってもらうのは別にかまいませんけどね
長い目で見てどうするつもりなのか…
いや、そんなこと考える必要ないのかな、今は

勢いで
行ってほしいかなって思います
はい


8月7日メジャーデビューですね
特にイベントとかもう参加できそうなものもないか

いつものようにダウンロード購入…
通常版3種だけおまけ曲違うって売り方してるけどダウンロードはそれに対応してくれるのかな?

● 【通常盤C】通常盤には、4曲目にそれぞれ異なる楽曲を収録!
都営大江戸線六本木駅で抱きしめて/CHICA # TETSU
EPCE-7512 定価 ¥1,000+税

この都営大江戸線六本木駅で抱きしめて」がイチバン欲しいんだけどなw
 
 

自分は自分でいけばいい もっと先に進んで 待ってるよ

a33com2019-07-10週の真ん中水曜日

雨降る降る言いながら
いやまぁ実際降りはしたけど
いうほど1日中でもなかったよってカンジで
この肩すかし感が例の大雨の時からずっと続いてる感じだけど
はなから無視するとそれはそれでオオカミ少年状態にもなりかねないので
まぁ気にしていくしかないのかなという感じです
徒歩通勤してる自分的にはね


そんな
水曜日


糞事務所さんから気になる「お知らせ」が2点
▼モーニング娘。'19小田さくらに関するお知らせ
www.up-fc.jp
▼アンジュルム/カントリー・ガールズ 船木結に関するお知らせ
www.up-fc.jp

小田さくら頸椎椎間板症
船木結声帯結節

いつもながら
病名をちゃんと公表する糞事務所さんなので
その度に病名で検索かけるはめになってしまったりもするわけですけど

病気として厄介っぽいのは小田ちゃんの方ですかね?
ふなっきはもう手術もしたってんなら安静を保つだけでしょうけど

小田ちゃんの方は本日10日発覚ってことで週末からハロコン開催予定ですしそこは参加予定でリハやってたことでしょうから今からいろいろ組み直すってのは大変かなってところ
とりわけ歌割も多い小田ちゃんですのでね
不在期間もはっきりしてるわけではないですから、ハロコン秋ツアーとどこまで影響が広がるかわかりませんしね

ふなっきの方は手術したって発表ですからそんな緊急の事でもないとすれば
発表通りの歌唱不参加も織り込み済みのことでしょうから大丈夫なのかなってところですが
8月のアンジュのライブまでに間に合ってくれるのかな?微妙かな?ってヲタとしての気持ちの問題もありつつ
反面、ダンス参加とか言ってないで完全療養させたれよと思う気持ちもあったりなかったり複雑な気分です

両名ともヲタ的に見なくてもグループ的に結構重要な役割を担ってるメンバーでもありますので
その不在期間というのはそれなりに大変かなとも思いつつ
それも何事もなかったようにカバーしてしまうのがハロプロ驚異のカバー能力だとは思いますけれど

特に小田ちゃんとか
自分がいないステージで自分の存在がカバーされきってしまうとそれはそれで不安になったり焦ったりすることもあるかもとは思いますけど
じっくりとちゃんと治して戻ってきてほしいなと思います

もちろんふなっきもね
あの独特の歌声が「声の出し方の悪い方に多く見らる」病気につながったというのならその辺の改善含め、パワーアップしての歌声復帰をお持ちしております
こちらも急ぐ必要はないですから
じっくりとね




今日の写真
小田船木のツーショット探したら結構過去までさかのぼってしまった
あんまこの2人だけでのカラミってないのね
何気に