さよならじゃない そうバイバイだ!

f:id:a33com:20190619020236j:plain
6月18日

ハロプロの歴史もまた大きく変わる時を迎えたカンジの本日

アンジュルムリーダーにしてハロプロリーダー和田彩花卒業の日


朝早くから出かけるほどに必死にならずに11時ごろ武道館着して
f:id:a33com:20190619010453j:plain
記念撮影してからグッズ列とか並んだのが地獄の始まりで

結果グッズ買えたのが16時ちょっと過ぎたくらいですかね?
11時半より前には並びましたからおおよそ5時間ってところで
それでもまぁ開場前には買えたのでヨシとします


そんな和田あやちょの卒業公演

今日の自分は1階スタンド席ということでしたけど
アリーナと1階の入場口の側に飾ってあった華
f:id:a33com:20190619011205j:plain
気付くのが遅れたので無理やり撮ったのがこんな写真ではありますが
この連名とこの並びを観れたのはなんか入場前から泣かせる気かよって感じでした



卒業公演

まぁ
アンジュルムの完成形を魅せられたのかどうかはやっていた彼女たちの判断に委ねるべきことだとは思いますが

無遠慮なまでにカッコイイアンジュルムのステージは存分に観せて貰えたので
コチラ的には満足でございます

舞台演出もまた
昨日もそれ使ってやれよって思うような仕掛けもあったりで
ホントに昨日が前座みたいになってんじゃん
って思った部分もありはしますが

それはそれとしてやっぱり「交差点」はもう泣けって言われてるようなもんですけど

ってゆーかやっぱり
メンバー的には泣かないようにやりきるってことが目標だろうけど
客体としては泣いてくれた方がこっちもより泣けるから結果的にはそっちのほうが見たいものであるのは正直なところですよね

その意味でも昨日のJuiceの卒コンより感動的なものに見えてしまった感は強くなってしまいましたかね


ただ
和田彩花自身が取り立てて泣く場面を見せなかったのは
昨日の宮崎さんが終始笑顔だったのと同じではあるんですけど

その意味で行くとね
笑顔でメンバーたちを見守ったまま卒業いていった2人のリーダーは実は同じベクトルでステージの上にいたことにはなるんですけど


そんなあやちょが
最後のソロ曲に「ぁまのじゃく」持ってきたその選択
最近になってその歌の意味を真に理解できたと言っていたのはこの選択の布石だったわけですか


卒業メンバーであるあやちょからの言葉がハロプロの卒業のスタンダードになってるお手紙を読むってスタイルにならなかったのは
おそらくはあやちょ自身の選択なんでしょうけれど
普通の言葉で感謝を語ったその選択はいかにもあやちょらしかったね


明確にセレモニー化はされてないメンバー各自の感想があやちょへの言葉になる時間はもう
泣いて笑ってやっぱり泣いて
あぁもうこれやっぱアンジュルムだよねってこの空気感
これはあやちょというお母さんがいたからできた空気感ではあるだろうけれど
そのお母さんがいなくなってもずっとあり続ける物なんだろうなて思ったりもしてね
だからこっちも
泣きながら笑ってたし笑いながら泣いてたって客体でした


我が愛しのふなっきの泣き芸は佐々木ささっきの泣き芸とはまた一味違ったものですけど
かわいいのでいいですw


旅立ちの春が来たもいい卒業の曲です
スマイレージ含めアンジュルムは卒業曲いいの揃ってるね
ますますまろの作詞曲は…いや、やめとこうw


「友よ」で大団円を迎えるアンジュルム第一章の幕引きは逆に言うと第2章ゆーてもそんな変わりようもないよって宣言してしまったようにも思えてしまいますけど
そこはまぁ竹内新リーダーと雑用係サブリーダーのかわむーに期待ということで

とりもあえずは
卒業していった和田彩花

ここ最近の彼女の語るアイドルに纏わる自論のすべてに自分は当然のごとく賛同できるわけではない立場のオッサンではありますけれど

それを掲げて卒業してく和田彩花には
お手並み拝見ってスタンスではありつつも
それでも大きく期待を寄せている部分もありはします

はい


そんなこんなで

電波的なブログ書いてた頃のあやちょをして
あやちょあやちょと言ってた自分は遠い昔の自分ではありますけれど

あの頃から今まで
結果的にはずっと和田彩花を見続けてきた自分ではあるその果てで

卒業の公演に立ち会うことは半ば義務に感じての遠征をしての

その卒業を見送る使命を果たせた今


ありったけの感謝と少しの贖罪と一握りの嫌悪と有り余る愛をこめて


和田彩花

ご卒業おめでとうございました



バイバイ



 

昨日 今日 明日もそう明後日も わたしはずっとわたしだよ

f:id:a33com:20190618010120j:plain
そして

6月17日

宮崎ゆかにゃの卒業公演
f:id:a33com:20190618092113j:plain
↑武道館の看板と同時に映ってる写真が消えてしまった(泣)


結果論から言えば
武道館のスタンドに2時間半座ってるのはケツへの負担が大きすぎるなと改めて感じた公演でしたがw


つまりはファミ席で観てたんですけど

多分おそらくきっとセンターステージへの花道構成になるだろうって中で
その花道ステージに対してできるだけ正面になれるような場所で観たいってのがあったので
そんな席が送ってくる確率が高いファミ席を選択していたんですけど

結果的には2階南東ということで
まぁ
思い通りの場所では見れたかなってカンジです


って
とこでの

ゆかにゃの卒業ですけど

まぁ

終わってみたらちょっとあっさりだったような気もしますけれど

ただ
ことのほか温かい空気感に支配されたライブ空間だったなってのはあって
ある意味武道館という会場には似つかわしくない空気感だったとも思えるわけですけれど

それがすべて
宮崎ゆかにゃの成せる業なのかなってトコロです

殊更に芯の強さを暴露されてたのは営業妨害な感もありますけれどw
とはいえ彼女が実は強い女であることはもうわかりきった事実ではありますからね


セトリ的にはおなかいっぱいってカンジの満足感

「Good bye & Good luck!」をやるとは思わなかったってのはあったんですけど
「25歳永遠説」をソロ曲に持ってきた関係で出てきたのかなって部分も含んで
この辺の流れはさすがにちょっと涙腺に来たなってトコロでしたね
うん


つらつらとまとまりなくってカンジになってますけど

総じてね

いい卒業ライブだったなってところで

無理して見に来た甲斐はあったねって感じでした


はい

宮崎由加さん
ご卒業おめでとうございました




それはそれとして
ゆかにゃに言葉を送ってるるーちゃんが殊の外かわいかったなぁ…

推し度あっぷな自分でしたw 

君は気付いてる いい歳になっても 旅慣れたふり続ける 僕は迷子なんだと

さて

金曜日から続いたモーニング娘。'19さんのZDAは本日で無事完走となったようですが
特に関係のない在宅で過ごしていた自分にとっては
次々とシツコク受信するZDAガラミのTwitterの通知がことのほかウザイだけの一日でした


そんな
日曜日

朝からのいつものニチアサヒーロータイムもお休みな本日

映画の公開も近づいてきてる中で小休止はやめてもらいたい気分なんですけど

とにかくおかげさまで
ホントに何もない休日になってしまった一日


明日からの武道館遠征
今日のうちから出発するって遠征プランもなかったわけではないんですけど
そこはやっぱり、
宿代一日分無駄になるってことでの明日朝からの出発にしてしまいました

特にまぁ今回は早くいってグッズ列に並ぶなんてことも特に必要ないかなって感じなので
明日の自分は朝は10時くらいの飛行機で飛んで東京入りは昼くらいで
昼飯でも食って15時にホテルチェックインしてから武道館に向かうカンジでいいかなって思ってるカンジです
はい

ってことで

とりあえず今夜は旅支度でもして明日に備えるカンジですね

なんだかんだで九州出る遠征は約一年ぶりですから
もう旅支度の手順みたいなものも忘れてるカンジですわ

一昔前は完全な旅慣れテーラーだった自分なんですけどねぇ

とにかく
チケットとサイフだけは忘れないように
それだけは厳重注意で

旅支度にかかりま~す

 

青春Night 幸せって まっすぐ選ぶだけ

気付けば土曜日

ですけどね

本日はモーニング娘。'19さんのZDAが我が地熊本でも開催ということで
譜久村リーダー様がやってきてくださることになっていた日ではございましたが

結果的なことだけ言いますと

行きませんでした

ってことでございます

申し訳ないことです


朝から雨降ってて外出る気にならなかったってのもありますけど

一番の理由は懐具合でね

交通費はなしとしても駐車場代払ってCD2枚買ってあと昼飯くらいを外食すればまぁ4k位の出費になるかなって考えたら
それちょうど浅倉樹々写真集に支払った予定外出費と同じくらいの出費だなってことで
このあと久々の東京遠征にかなりの貧乏状態で挑まないといけない今の現状に鑑みたらどうにも控えたい出費に相成った次第でして

まぁ、ね
こんなオッサンヲタ1人いなくても何の問題もない大盛況だったようなお話しも聞こえてきていますのでいいですかね
はい


そんなカンジの土曜日ですけど
そんなカンジですので本日としては特に言及することもないんですが
約1週間日記書いてない間の出来事としましての特筆すべきことはやはり


今年一番笑った「人生Bluetoothwwwwww

ではなくて

Juice=Juiceの新体制
次期リーダー金澤朋子サブリーダー高木紗友希の発表…
は、まぁ予想範囲の答えでしかないので特にアレですけれど
しばらくないのかなとも思っていた
Juice=Juice 新メンバー決定!
がこのタイミングできたのはちょっとソレだったかなってカンジですかね

ハロプロ研修生から
工藤由愛さんと松永里愛さん

うーん
段ルル18歳でようやく全員21時以降仕事できるグループになったかと思ったら13歳14歳ですか
Juiceくらいはちょっと年上で固めていてもいいような気もしますけどね
まぁ
長く続けていく気の表れかと思えばそれはそれでいいっちゃいいんですけど

まぁ
お披露目そしてメンバーとしての活動
その流れの中でこちらの気持ちを動かす存在になっていってくれたらいいですね
って
現状その程度のことしか言えませんけどね
いかんせん
良く知らない子たちですですので

ってそう

それにつけてもですけど
上位グループが研修生の受け皿になること自体は別に悪いこととは思わないんですけど
ただ
ちょっと前のベリキュー時代にそれぞれのホールコンに帯同していた研修生たちがデビューするってカンジだったら
こちらとしてもそれなりに思い入れもあれば感慨深いものとかもあったりしたんですけど
そんな帯同メンバーとしての研修生を観る機会もなくなった今となっては
やっぱり相応に疎くなってしまう研修生事情ってのがありますから
このコが昇格デビューですって言われても
ああそうですかってカンジになってしまうのは否めないですかね
とは思います

それはまぁ
昔と違ってオーディション段階を完全非公開にしているモーニング娘。の新メンバーに関しても言えることなんです
決まりましたこのコです!言われてもああそうですかみたいなね

そんなモーニング娘。さんの15期発表は6月22日のつべ配信とかそんなカンジでしたかね?
最近公演サプライズではなくつべ配信が主流のようですが
だったらオーデの過程とかもつべで流せばいいのになってカンジです


って
ゆーてもまぁね

結果は結果を受け入れていくしかないんで

まぁ

いいですけどね

はい